きまぐれボロネーゼ

ざっくばらんな詰め込み走り書きえぶりでい

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

20170314(tue)  

きょうも朝勤からの夕勤。
今朝のティッシュ配りは高校の近くでやりました。
その場合は、主に生徒対象に配るらしい。
社会人ぽい人にも配りたいとこだけど、
その人がそこの学校の先生だとあまりいい顔をしないとかなんとか。
そういうもんなのかーと思いつつ配りました。
朝勤いっしょだった大1のコが、9月から半年間留学するみたい!
私も大学生のうちに海外どっか行きたかったなw
彼が帰国したときには、今より一皮も二皮もむけた社員になれてるといいな。

きょうの夕勤はいろいろと思うところがありました。
まずひとつめは、生徒からの勉強の質問
いや、こういう質問くるの絶対わかってたし、今の自分が相当受験知識ぬけてるのもわかってる。
だから事前に勉強しておくべきだった。でもしてなくて、今日聞かれて、いい返答ができなかった。
研修時に

勉強の内容はアルバイトさんに任せればOK!
我々はteachではなくcoachする立場!


てことを何度も言われていたから、それに甘えてたんだと思う。
たしかにね、今いろんな仕事を覚えている途中で、自分にとってのやるべきことがたくさんある。
生徒の来校時のスケジュール確認、データ入力、資料整理、ビラ作り、電話対応、アドバイスタイム、生徒のアポ取り…
校舎閉めたあとの掃除とかその他もろもろいっぱいある。
んでもさ、それって生徒にとっては関心事項でもなんでもないというか。
強いて言えばアドバイスタイムと今後のスケジュール確認は生徒のためになると思うけど、
それ以外は正直あんま関係ないっていうか、裏方でやることだから直接は関わらない。
生徒の関心事項はやっぱり、わからない問題を教えてほしいってことだと思う。
で、聞いても納得する答えがもらえなかったら、そこで信頼関係は破綻する。
なんでもできるスーパーマンにはなれないかもしれないけど、
出来るかもしれないことをやらずに出来ないままでいるのはかっこ悪い。
生徒の勉強の質問に関して自分のできることは何か考えたら、
自分で最近の勉強内容に触れて生徒と同じように問題を解いてみることと、
アルバイトの学生さんを信頼して、彼らにも聞いてみるよう生徒に促すことだと思った。
質問聞かれたとき、自分でなんとかしなきゃってそれしか考えてなかった。
けどきょうの退社前のブリーフィングで校舎長が

俺が悪い誰が悪いじゃなくて、組織でどう動けたかの問題があると思うねん

てことを言ってて、私はアルバイトさんの存在や信頼を活かせてなかったなーと実感。
自分はひとりじゃなくて組織の一員として在るということ。
どんどん頼ってこうと思いました。
もちろん自身の学力が身についてきたらしっかり自分で対応してあげたい。りべんじしたい。

ふたつめは、自分で考えて動くということ。
…ついさっき組織で動く的なこと言ってたやん!!!
うん、まあそうなんだけどw
きょう予定の時間に来ず連絡もないコがいて、アルバイトさんにTELアポとるよう頼まれたのね。
んで電話してみたら、さっき他の人から電話きて明日に予約入れましたって言われて、要するにダブルブッキング
あーこれ絶対やっちゃあかんやつやーと思いながら電話切って予定表よくよく見てみたら、
しっかりTELアポとったメモが残ってた。
わりと思いっきり書いてあって、あーこれ超絶やっちゃあかんやつやーと思った。
アルバイトさんの確認ミスで私に指示がきたってことにはなるけれども、
指示された内容に対して受け身ではなく、一旦自分でも本当にそうなのか確認する必要性を感じた。
事前バイト始めてからもう何日も経ってるし、自発的に動いていかないといかん。
社員になるんだからゆくゆくはアルバイトさんを育成する立場にもなるわけだし。
もう自分は大人なんだって自覚する必要もあるんだなあ…

いろいろ思うところはあるけれど、
とりあえず今は日々の反省を次に活かしてどんどんチャンレジしてこうと思ってます。
義務を果たしてから権利を主張。やらないよりやって後悔。

+.゜((◝(・ω・)◟))*.。流れゆく 雫のしょっぱさ 隠し味



おしまい
スポンサーサイト

category: いちにち

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bolognese39.blog39.fc2.com/tb.php/40-cb84f3a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。