FC2ブログ

きまぐれボロネーゼ

ざっくばらんな詰め込み走り書きえぶりでい

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

本当は見終わったドラマの感想を書くつもりでした  

ご無沙汰です。ふうらです。
ツイッターとブログの使い分けをどうしようか悩み続けて早数年。答えが出つつある。
というのも、単にツイッターのフォロワー層があれやこれやで、居心地が良くはなくなってきた。
でもフォロワーが悪いのかと聞かれればそんなことはないし、そこは自由にしてくれていいし、交流はダイジ。
ただ、一回の食事に和食も中華もイタリアンもフレンチも私には食べられないよって話です。

思えば一番最初にツイッターを始めたのはいつだったかなぁ、と過去のメールログを漁っていたら、2011年7月の時点ですでに始めてたっぽい。約4年前。
私の記憶では、高2の終わりあたりに当時の同級生と相互フォローしたような覚えがあるから、高2ぐらいで始めてたんだと思うけど。
まぁ人間の記憶はほぼ都合のいいように改ざんされてるらしいし、確証はないです。
そのときの始めたきっかけは、某女性ゲーム実況者さんをフォローするためだった。ちなみに今はしてない。
その人の時オカ実況が好きで最初から全部見てたけど、途中から更新が途絶えてたから気になってフォロー。
完全に見る専用のつもりだったけど、周りがつぶやいてるのを見てだんだんつぶやくようになったのかな。
次第に、「気になる人の現状を垣間見る場」から「自分の言いたいことをいろいろ吐き出す場」に変わった。
そのまま大学進学して、新しい友達やらサークルの先輩やらと交流が出来てからフォロー数フォロワー数ともに増えていって、“見られてる”って意識が強くなって、そこからなんだかもやもやしてきた。
誰でもそうだと思うけど、同じ友人でもそれなりにカテゴリーがあって、その属する位置によって私自身も違うから、カテゴリーAの私を知っている友人にカテゴリーBの私を知られると少しこそばゆい感があるというか。
カテゴリーがいくつあるかとか、どれがホントの私かとか、そんなん私に聞かれてもわかりまへん。
言いたいことを言うために別の面倒などうでもいいことを考えることが多くなってきたわけですね。
世間体を気にしてるってことなのかなぁ。自分はそんな人間じゃないと思ってたつもりだったけどなぁ。
まぁこんな感じでツイッターの存在意義について悩んで、時にはブログに逃げ、一時期ツイッターを止めたときもあったけどまた始めたりして、そうかと思えばブログの過去ログをすべて消したりと、あっちこっちとスレインみたいなコウモリ野郎っぷりを晒していたわけですね。アルドノア面白かったね。

そしてあれこれシコーサクゴした結論。ツイッターの意義を定義し直した。
その名も、「投げやりの場」

たとえば#nowplayingツイート。
その時聴いてる音楽を紹介するツイートなんだけれど、とりあえず今これ聴いてるよって投げとく。
ホンネとしては、この手のツイートに関しては基本的に「今これ聴いてます!」って意味じゃなくて「これオススメだから君も聴いて」っていうメッセージのつもり。
子どもが「勉強しろ」って言われて素直に勉強しないように、画面の向こうの相手が「この曲聴いて」と言われたところで聴かないよね、ってのが持論。
だからとりあえず曲紹介だけでもしといて、あとは君に任せるよってスタイルをとることにした。
まぁでも少なくともこの記事見てるような物好きな人には、今後この#nowplayingツイートを見たら少しは気にかけてほしいけれど。
そんで、「その曲好きならこれもいいんじゃない」ってリプライをもらえるのが一番理想。
楽曲との出会いはとてもうれしいし、ワクワクするし、ダイジにしたい。
たぶんこの思いがあるから周りにも共有して楽曲の幅を広げてほしいのかもしれない。私自身の幅も広げたい。

たとえばリツイート関連のツイート。
と言っても何でもかんでもリツイートするんじゃなくて、基本的に私がリツイートするのはフォロワーが拡散を必要としてるものだけに限る。
正直、その時の流行のリツイートっていろんな人がするからどうしてもタイムラインで何度か見かけるのよね。
(あーこれおとといあたりあの人がリツイートしてたやつだ)って経験がよくあって、それを自分が誰かにしてたらと思うと、流行りに乗れないところがある。まぁそもそも流行りは好きじゃないから乗ろうとすらしてないけど。
交友関係上リツイートに関しては創作物系のものが多いと思う。オリジナル曲だったり、手芸作品だったり。
私個人も先月からバンド結成したから(ボーカルですよろしく)、その新曲が上がったらリツイートで拡散するし。
んで、これもさっきのと同様、とりあえずタイムライン視聴者に丸投げするスタイル。
リツイートを見た相手に、(へーこの人ってこんなことやってるんだ)って思ってもらえるのが一番理想。
ツイッターは手軽なだけにどうしても愚痴をこぼしがちな人が多いイメージ(自分も当初はそうだったと思う)だから、世の中おもしろい人もいるもんだなー、と感じてくれたらなぁと密かに願ってる。
悩んでる状態を払拭するモノって、意外となんてことない出会いだったりするものだから。

これだけ言っといて、じゃあ本当におまえのつぶやきはこれだけなのかと聞かれたら、もちろんそんなことはないです。
手軽に共有できるシステムに甘えて、いろいろ言ってたりします。
少なくとも私は人間そんな上手くできてないし、生理前はPMSで荒れるし。
ただひとつ言えることは、「投げやりの場」でホンネはあんまり口にしないかなぁ。
そういう意味では、ここは名前の通り、きまぐれでいられる居心地の良い場所です。



(`・◡・´)いい意味で もしかして私 出会い厨?



おしまい
p.s. ドラマの感想はまた後日
スポンサーサイト

category: ぶつぶつ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bolognese39.blog39.fc2.com/tb.php/16-39d01bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。