きまぐれボロネーゼ

ざっくばらんな詰め込み走り書きえぶりでい

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

(2016)卒論  

お次は卒論のハナシ。
題材とした哲学者は、バールーフ=デ=スピノザ。通称スピノザ
彼とは大学2年の後期に受けていた講義で出会い、一目惚れ。
卒論は絶対この人の主張を活かすものにしようと決めてました。

そう思った理由は、彼の主張がとにかく優しいから。
哲学講座に所属しているだけあって、
講座に入ってからいろんな哲学者の本を読んできました。
はじめは、いろんな考え方の人がいるなーと興味津々だったものの、
みんな言葉が堅苦しくてどうも読みにくい
私の知能が足りないことは充分わかっているけれど、
私はこういうお堅い論文が読みたくて哲学講座に入ったわけじゃない。
でも最初は慣れていくことが大事だ、と思って葛藤しながら大学2年生を過ごしてました。
そんなときに、スピノザ登場。
うーん、正しくは、講義していた教授の脱線話のなかにスピノザ登場
え、なにこの人。その考え方まぶしすぎる。てかやさしい。かっこいい。
彼の言葉は堅苦しさなんてまるで無くて、妙にスッと入ってきた。
でもそのときの私にはふたつのハテナが浮かびました。

①本当にスピノザに惚れたのか
②自分が好きな教授の口から語られるスピノザに惚れたのか


確かめるべく、あえて別の教授が著者になっているスピノザ関連の文庫本を一冊手に取る。
うわやばいスピノザまじで心洗われる救世主メシア天使ほんとありがとう
スピノザに恋をした瞬間でした。

スピノザはよく「汎神論の人だよね」と言われます。
汎神論をくだけて言い換えると、すべては神である論。机もイスもPCも、あなたもわたしも、ぜんぶ神。
たしかにスピノザは汎神論者だった。自分でもそういう主張をしてた。
でもその論理を宗教や神学の枠に留めず、日常レベルにまでおとしこんでいた。

なんか哲学ってさ、現代ならなおさら、身内感があると思ってたの。
哲学者同士だけで議論して、自己満足してさ。
それって哲学に携わってない人にどう関わるの?一般の人にそれ伝わる?自己満で何になるの?
これ哲学講座入ってからまじでずっと思ってたこと。
やっぱり学ぶからにはそれを活かして誰かの役に立ちたいし、助けたいと思ってた。
なのにほとんどの哲学者やほとんどの教授は、自分が気になったことをひたすら考えるだけ。
それがすごくイヤだった。
あーうん懐疑論とか心底胸糞悪かったね(・∀・)
考えることは好きだよ。ひとつの言葉から連想されて枝がにょきにょき生える感じ、たまんない。
でもさ、考えるからには最適解を見つけたいし、それを今後に活かしたいじゃん。
じゃなきゃ考える意味も薄れてくる気がするし、そんなのただの雑談じゃん。
私は学問として哲学しに来てるわけだから雑談で終わられたら困るんだよ。
…当時うっぷんが相当溜まってたのがありありと悟れてしまうw

でもスピノザは違った。彼は汎神論を通して、
自分をゆるし、人間をゆるし、社会をゆるしてあげることを説いた。
人との関わりの中で、むかつくことってあるよね。
でもそのときはまずむかついてる自分をゆるしてあげる。しょうがない。だってむかつくから。
そうして自分をゆるしてあげるとね、余裕が生まれるの。
ただむかついてるだけだと自分のイライラでいっぱいだから余裕がない状態なんだけど、
一旦自分のことを認めてあげると、それでもう自分のことはひとまず棚にあげられるの。
それで次に、なんであいつあんなことしたんだろうって相手のことを考えられるの。これが余裕。
でもね、他人のこといくら考えたって100%理解できるわけがない。
ここで少し汎神論ちっくになるのだけど、
みんな同じってことは、相手も自分のこと100%理解できるわけがない
もっと言ってしまえば、自分でも自分のこと100%理解できているかアヤしい
けどわからないなりに自分をゆるしてあげることが出来たなら、
よくわかんねーけどあいつ何かあってあんなことしたんだろうなって相手をゆるすことも出来る。
それは同情とかいうあまちゃんなものではなく、同じ人間同士の共感のレベルだと思う。
自分をゆるして相手をゆるす。この連鎖が繋がれば、いい世界になるに決まってるやん!
しかもこれ当たり前と思うかもしれないけど、まったくそのとおりで、
その当たり前をやればいいだけ。ぜんぜん難しくない。
これなら哲学者じゃなくたって一般の人にも伝わると思うし、人間ならみんな根底に置いてほしいことだと思った。
そんなようなことを卒論でつらつら書き綴りました。

担当の教授との二人三脚。就活と並行しながら進めた卒論。
早いうちから本を読んでいたのが良かったのか、わりとスムーズに進んでいく。
そして卒論提出〆切数日前。学務のおねーさんに神の一手をキメてきた(・∀・)
最後の口頭試問では教授たちにおおむね好評だったみたい。

いくつか前の記事で“結論から言うと就活も卒論も大成功”と書いたのだけど、
じつはこの卒論談にはおまけがあって…

\優秀論文に選ばれた/

これやばない?
だって自分の入りたい大学の学部学科に一浪して入って最後は優秀論文書いちゃうとか!かっこよすぎかよ!
これはさすがにジガジサーンせざるを得なかった。超うれしい。
学科でつくる冊子に載るらしいです。公に残る。やばい。
(後日、提出した卒論での誤字を発見してしまった(“原典に立ち返る”を“原点に立ち返る”にしてた)ふうらさん。公に残る。やばい。)
大学でも有終の美(?)を飾ることが出来ましたとさ。めでたしめでたし。
スピノザの本は、今でも私の永遠のバイブルです!

(✿╹◡╹✿)スピノザは ラブとピースの 擬人かな



おしまい
スポンサーサイト

category: ぶつぶつ

tb: 0   cm: 0

(2016)就活・後編  

前回までのあらすじ
ふうら は 内定 を もらった!

某教育塾の内定が決まり、安心していたある日。お知らせがきた。

採用担当「配属可能性のある3部署すべての研修を受け、ロープレテストに合格しなければ希望の部署にはいけません」

私「(・Д・)」

配属可能性のある3部署というのは、
①高校受験を控える中学生のための講師コース
②勉強がニガテな小・中・高校生のための講師コース
③大学受験を控える高校生のための受験アドバイザーコース
の3つ。
私は自分の大学受験のときの経験もあって③を希望していたのだけど、
どうやらタダで希望が通るわけではない模様。
自分の希望する部署はもちろん、他の部署のテストにもパスしなければならない。
周りは集団授業のアルバイト経験のある人が少なくなかった。
経験のない私は、人一倍頑張らなきゃいけないと思った。

最初はね、①と②は興味ないしとりあえず③だけは頑張ろうとか思ってたの。
でもテスト前にあった内定者の集まりで人事の方に言われた一言。

「全部ヨユーで合格して、他の部署のニーズを蹴って自分の行きたいとこ貫くのってかっこよくない?」

かっこいいと思ったw
だからこそ、自分の希望の部署に行くためにもまずは他の部署のロープレに力を入れた
内定者同士でチームを組んで、フィードバックしたり、してあげたり。
私のいたチームは集団授業の経験者がいたから、いろんなとこ盗んでは真似してみた。
そんな日々を経て12月某日。

\ ロ ー プ レ 合 格 /

内定者のほとんどが合格してたけど、それでも嬉しかった。
採用担当の人曰く、とくに今年は合格率が高かったらしい。なおのこと嬉しかった。
そして後日、肝心の配属先の発表日。

\ 希 望 通 り ア ド バ イ ザ ー /

配属先が決まってからは、部署内での研修がまたあったり。
正式配属は4月からだけど希望者は事前アルバイトができるとのことで、
先月2回ほどやってきました。もちろん今月もやる。
配属先の校舎の校舎長もこれまたとてもいい人。元気に満ち溢れてる人。
私は将来的に校舎長になって自分の教室をもちたい旨を話したら、

「よし、おれが日本一の校舎長にしたる!!!」

がっちり約束を交わしました。

そんなこんなで紆余曲折あったものの、今はまた新しい仕事を覚えている途中です。
自分の就活を振り返ると、つらかったけど学びの多かった一年だったと思う。
何よりも人との出会いがたくさんあった。そのぶんコミュニケーションの機会も多かった。
ここ数年自分のしたいことしかしてなかった節があるから、
いろんな人に接していろんな価値観に触れられたと思う。
オトナってあんまり好きじゃなかったんだけど、うちの社員に限っては、大好きって言える。

周りの社会人になった友人見てて、社会人て正直やだなーって印象しかなかったのね。
いつも帰りたそうだし、愚痴も多いし、やめたいが口癖だったりするし。
もしかしたら私もそうなるかもしれない。とくに最初の一年はタイヘンって言うし。
でもさ、今あんまりそういうへこたれた未来の自分がイメージつかないのよね。
何かあったら上司に相談するし、たぶん上司も真剣に考えてくれるって信頼があるから。
ハケンの品格で大前春子も口癖のように言っていたけど、

“はたらくことは生きること”

どうせ生きるなら楽しく生きたいと私は思います。

(✿╹◡╹✿)見上げれば 桜の雨と 晴るる空



おしまい

category: ぶつぶつ

tb: 0   cm: 0

(2016)就活・前編  

と、ゆーわけで。
1年3ヶ月ぶりくらいの怒涛のブログ更新です。
頭の中に詰め込んでいたブログに書きたかったことをひとつずつ消化している感覚。
マビノギ、お絵かき、と来てつぎは手芸カテゴリーに手を付けようと思いきや、
写メがスマホの中でデータの取り込みが面倒なのでやめました(怠惰)
気が向いたらスマホから更新するときにでも貼っつけときます。

アーカイブを見てみると2016年が更新ゼロなので、
去年のことについていろいろと書こうと思います。

去年はずばり、就活卒論の年でした。
結論から言うと、どっちも大成功。いろいろあったけど、有終の美を飾れてるんじゃないかな。
まずは就活のハナシから。

ちょうど去年の今頃に初めて合同説明会に足を運んだ気がする。
就活用に買ったスーツを着て、大学の友人と2人で。
その日ためになったことと言えば、就活生のためのメイク講座くらいかな。
試供品いっぱいもらって帰ってきたのを覚えてます。
合説に行く前は、いろんな企業の説明聞いて参考にしよう!と思ってたけど、
正直どこもピンと来ませんでした。
行かなきゃどういう感じかもわからなかっただろうから行ったことに後悔はしてないけどね。

その日に思ったのは、自分がピンと来た企業に自分から積極的に会いに行くことが大事ってこと。
たとえば、私は手芸が好きでハンドメイドのサイトとかよく見てたから、
そのサイトを運営・管理してる会社に行ってみたり。
たとえば、たまたま雑貨屋さんで見つけた文具で愛用してるものがあって、
その文具に書かれてる企業を検索してエントリーしてみたり。
自分の“スキ”が将来の仕事に繋がったら続けていけそうだなーと思ったのね。
そんな感じで、3月から始めておよそ一ヶ月間、全落ち
わりとこの時期は精神的にキてました(・∀・)
とくに書類で落とされたときは改善点がわからないからどうしようもないし、
面と向かって会うことすら許されなかったと思うとかなり凹んだ。人間不信ぽくなって、動悸もたまにしてた。
それでも説明会には行ってて、そんなときに出会ったとある教育塾の先生の言葉が今でも忘れられない。

「人生にターニングポイントはつきもの。きなトビラ()をひらくための(さんずい)なんだよ」

…今振り返るとかなりクサいw
けどその言葉を直接聞いた当時の私は、周りに同じ就活生がたくさんいる中ひとりでボロ泣きしてました。
帰るとき社員の人に心配されたくらい泣きました。
なんだろう、泣いていいんだって思ったのかもね。泣いて、次に進めばいいんだって。
その先生の言葉以外にも、その教育塾独自で取り組んでいることとかいろいろ知って、
あぁここの会社めっちゃ入りたいって思った。
たぶん特定の会社に入りたいって思ったのはこのときが初めてかもしれない。
結果?うん、落ちた。選考が最終手前までいったけど落ちた。
でも正直落ちたかなとは思ってたから、お祈りメール来ても冷静だった気がする。
だってさ、集団面接でひとつの質問に対して各自がそれぞれの意見を発言するって形式で、
私以外の人たちがとにかくすごかった。面接中でもよくわかった。敵わないなって思った。
あのときはあのときなりに自分で頑張ったと思うし、周りの就活生からもいろいろ学んでいこうと思った。

それからしばらくして6月頃、リクナビでたまたま見つけた教育塾の説明会に行ってみる。
また教育かいって思うかもだけど、教育系の説明会ってね、
さすが教育だけあって相手に訴えかけるのがすごく上手い
だからその企業に入りたい入りたくないに関わらず、行くだけで学びがあるんだよね。
つまるところ、おでかけ気分で行きました(・∀・)
説明会も終盤。だいたいの説明会はこのときに一次選考のお知らせとか案内をするんだけど、
ここはなんと0.5次面接なるものをやっているらしい。
なんでも、面接のためのアドバイスを1対1でしてくれるのみならず、
それだけで次に選考が進むという超ありがた案件。

や る し か な い

やりました。そのとき言われたこと。
マインドマップや自分史を書き出して、時間をかけてこれまでの自分を整理する
それもやってみた。
個人的にはマインドマップより自分史を書き出すほうが自分を再確認する意味で大事なアクションだと思った。
自分がもっているスキルを自覚していないと、面接で自分のアピールポイントを取りこぼしていることになる。
それってすごくもったいないよね。
自分はどういう人間で、この時こういうことがあって…っていうのは、わかってる“つもり”になってた。
時間をかけて丁寧に自分と見つめ直すことで初めて認識できるものなんだなーと思いました。
採用担当の人が丁寧に私を見てくれたからこそ、私も私を丁寧に見られた気もする。
そのおかげか、選考は順調に進み、0.5次面接から約一ヶ月後の8月某日。

\ 内 定 G E T /

じつは最終面接の何日か前に「ほぼ確実だよ」とは言われていたのだけど、
やっぱり実際に内定をもらえた(しかも直接、がっちり握手もした)ときが一番ホッとしました。

内定をもらえてめでたしめでたし…と思いきや、ここからが本番だったりする(・∀・)

(✿╹◡╹✿)後編へつづく!

category: ぶつぶつ

tb: 0   cm: 0

ほっとみるくを飲みながら  

12月。一気に冷え込んで、毎年恒例、忘年会シーズン。
もうすでに何日か予定が決まっていて、それなりの時期にそれなりの楽しみ方ができる準備がちゃくちゃくと整いつつあります。
どうしてるのか気になってた人、話したいことがある人、いろんな人に、もうすぐ会える。

そんな、いろんな人に会えるからこそ、久しぶりに記事を書こうと思ったきっかけが生まれました。
いくつか決まった集まりの中で、私が唯一、どんな顔して会えばいいかわからない人がいます。
どんな顔して会えばいいかわからない人と会うことが決まったから、どんな顔して会えばいいかわからない(われながら馬鹿みたいな文章)
会うのが久しぶりすぎることは他の人も同じだから、たぶんそれは理由にはならない。
どんな声で話せばいいか、昔はどんな声で話してたか、すべてがわからないのです。というか、忘れた。
それでも、会うことには会うので、それまでには何かしら自分の中で整理しておかなきゃ。
ってのが、書き始めたきっかけです。

まず、どうしてこんなことを気にするのか、考えてみます。
面と向かうことに違和感があるのは、①自信がないから?②はずかしいから?③会いたくないから?
いろいろ浮かんでくるけど、とりあえず③は無いかなと思う。でも、正直、ちょっと前まではそう思ってた。
過去に、私の言葉がその人に届かなかったカナシサと、そのせいでその人を乱暴に扱ってしまったナサケナサのせいで。
うーんでもどうだろ。じゃあ会いたいのかと聞かれると、どちらかと言えば、会いたくないかも(´・ω・`)ドッチヤネン
でも最後に顔を合わせてからずいぶん経つので、今どうなってるのかは気になるから、一応セーフ?だと思います。
①もちょっと違う気がする。自信はむしろ昔と比べてついたほう。資格もとったし。
ただ、自分の時間ができてからマビノギ再開したりして、結構な遊び人になってしまったこともジジツ。
卒論のために少しずつ本も読んでるし、資格の勉強もしてたし、やるべきことはやってたつもりだけど。
それでも、プラマイはあるけど、やっぱり自信がないってことは無いな。今の自分は好き。
とすると、単純に②なのかもしれない。
その人は男性。親しさにもよるけど、男の人と言葉を交わすのはいつだって緊張する。はずかしい。
基本的には性別で人を区別しないのだけど、どーしても潜在的なとこでイシキはしちゃいます。
でもそれなら他の男の人みんなと同じだから、今回の件との差別化が出来てないんだよな。
まとめると、①は無い。③もたぶん無い。②はある。けど、②だけじゃない何かがある。

じゃあなんだよ、って考えてみたけど、普通の男の人に対するものとは別物のはずかしさかもしれない。
その人とは過去に一年半くらい生活を共にしたことがあって、当時の私は料理をしたり洗濯をしたり、お嫁さん気分でいた。
だから、家事スキルも身についたけど、「旦那を支える妻」のキャラを演じてた節がある。本当は全然そんなキャラじゃないのに。
そういうキャラを知られていることに対するはずかしさが、あるのかもしれない。たぶん。
だけど、もうそんなキャラでいる必要は無いわけで、そもそもの私がそんなキャラじゃないってのも、はっきり示したほうがいいのかもしれない。
その人はどっちのキャラの私も知っているはずだけど、どっちが本物かは理解できてないと思う。
キャラなんて人によって変わるからキリがないし、そのどれが本当の自分かなんて自分にもわからない。
けど少なくとも、自分らしくないキャラは残したくないよね。だって、自分らしくないんだもん。

うん、だんだん見えてきた。
もやもやを晴らして、忘年会にのぞめそうです。



(✿╹◡╹)ありのまま の姿見せる のよ私(雑



おしまい

category: ぶつぶつ

tb: 0   cm: 0

本当は見終わったドラマの感想を書くつもりでした  

ご無沙汰です。ふうらです。
ツイッターとブログの使い分けをどうしようか悩み続けて早数年。答えが出つつある。
というのも、単にツイッターのフォロワー層があれやこれやで、居心地が良くはなくなってきた。
でもフォロワーが悪いのかと聞かれればそんなことはないし、そこは自由にしてくれていいし、交流はダイジ。
ただ、一回の食事に和食も中華もイタリアンもフレンチも私には食べられないよって話です。

思えば一番最初にツイッターを始めたのはいつだったかなぁ、と過去のメールログを漁っていたら、2011年7月の時点ですでに始めてたっぽい。約4年前。
私の記憶では、高2の終わりあたりに当時の同級生と相互フォローしたような覚えがあるから、高2ぐらいで始めてたんだと思うけど。
まぁ人間の記憶はほぼ都合のいいように改ざんされてるらしいし、確証はないです。
そのときの始めたきっかけは、某女性ゲーム実況者さんをフォローするためだった。ちなみに今はしてない。
その人の時オカ実況が好きで最初から全部見てたけど、途中から更新が途絶えてたから気になってフォロー。
完全に見る専用のつもりだったけど、周りがつぶやいてるのを見てだんだんつぶやくようになったのかな。
次第に、「気になる人の現状を垣間見る場」から「自分の言いたいことをいろいろ吐き出す場」に変わった。
そのまま大学進学して、新しい友達やらサークルの先輩やらと交流が出来てからフォロー数フォロワー数ともに増えていって、“見られてる”って意識が強くなって、そこからなんだかもやもやしてきた。
誰でもそうだと思うけど、同じ友人でもそれなりにカテゴリーがあって、その属する位置によって私自身も違うから、カテゴリーAの私を知っている友人にカテゴリーBの私を知られると少しこそばゆい感があるというか。
カテゴリーがいくつあるかとか、どれがホントの私かとか、そんなん私に聞かれてもわかりまへん。
言いたいことを言うために別の面倒などうでもいいことを考えることが多くなってきたわけですね。
世間体を気にしてるってことなのかなぁ。自分はそんな人間じゃないと思ってたつもりだったけどなぁ。
まぁこんな感じでツイッターの存在意義について悩んで、時にはブログに逃げ、一時期ツイッターを止めたときもあったけどまた始めたりして、そうかと思えばブログの過去ログをすべて消したりと、あっちこっちとスレインみたいなコウモリ野郎っぷりを晒していたわけですね。アルドノア面白かったね。

そしてあれこれシコーサクゴした結論。ツイッターの意義を定義し直した。
その名も、「投げやりの場」

たとえば#nowplayingツイート。
その時聴いてる音楽を紹介するツイートなんだけれど、とりあえず今これ聴いてるよって投げとく。
ホンネとしては、この手のツイートに関しては基本的に「今これ聴いてます!」って意味じゃなくて「これオススメだから君も聴いて」っていうメッセージのつもり。
子どもが「勉強しろ」って言われて素直に勉強しないように、画面の向こうの相手が「この曲聴いて」と言われたところで聴かないよね、ってのが持論。
だからとりあえず曲紹介だけでもしといて、あとは君に任せるよってスタイルをとることにした。
まぁでも少なくともこの記事見てるような物好きな人には、今後この#nowplayingツイートを見たら少しは気にかけてほしいけれど。
そんで、「その曲好きならこれもいいんじゃない」ってリプライをもらえるのが一番理想。
楽曲との出会いはとてもうれしいし、ワクワクするし、ダイジにしたい。
たぶんこの思いがあるから周りにも共有して楽曲の幅を広げてほしいのかもしれない。私自身の幅も広げたい。

たとえばリツイート関連のツイート。
と言っても何でもかんでもリツイートするんじゃなくて、基本的に私がリツイートするのはフォロワーが拡散を必要としてるものだけに限る。
正直、その時の流行のリツイートっていろんな人がするからどうしてもタイムラインで何度か見かけるのよね。
(あーこれおとといあたりあの人がリツイートしてたやつだ)って経験がよくあって、それを自分が誰かにしてたらと思うと、流行りに乗れないところがある。まぁそもそも流行りは好きじゃないから乗ろうとすらしてないけど。
交友関係上リツイートに関しては創作物系のものが多いと思う。オリジナル曲だったり、手芸作品だったり。
私個人も先月からバンド結成したから(ボーカルですよろしく)、その新曲が上がったらリツイートで拡散するし。
んで、これもさっきのと同様、とりあえずタイムライン視聴者に丸投げするスタイル。
リツイートを見た相手に、(へーこの人ってこんなことやってるんだ)って思ってもらえるのが一番理想。
ツイッターは手軽なだけにどうしても愚痴をこぼしがちな人が多いイメージ(自分も当初はそうだったと思う)だから、世の中おもしろい人もいるもんだなー、と感じてくれたらなぁと密かに願ってる。
悩んでる状態を払拭するモノって、意外となんてことない出会いだったりするものだから。

これだけ言っといて、じゃあ本当におまえのつぶやきはこれだけなのかと聞かれたら、もちろんそんなことはないです。
手軽に共有できるシステムに甘えて、いろいろ言ってたりします。
少なくとも私は人間そんな上手くできてないし、生理前はPMSで荒れるし。
ただひとつ言えることは、「投げやりの場」でホンネはあんまり口にしないかなぁ。
そういう意味では、ここは名前の通り、きまぐれでいられる居心地の良い場所です。



(`・◡・´)いい意味で もしかして私 出会い厨?



おしまい
p.s. ドラマの感想はまた後日

category: ぶつぶつ

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。